カラフルなグレーの短編日記

野生のアスペが人間社会で生きたくなったら

筋トレの前に、体の歪みを矯正する

糖質制限をしていれば、放っといても痩せます。

タンパク質も摂っているから、筋トレすれば引き締まる!

 

その前に、体の歪みを矯正します。

筋トレは習慣として続けたいので、骨格が歪んだ状態で、変な筋肉が付いたら嫌だ。

 

で、健康おたくの吉濱ツトムさん曰く、

体幹の天才はこの人」という黒田恵美子先生のウォーキングセミナーに月一で通い、

先週全6回コースが完了しました。

 

(著:吉濱ツトム「発達障害とどう向き合うか」P.199 

発達障害克服プロセス‐肉体強化の項目にも記述あり。

私が氏のカウンセリングを受けた理由の、大きな目的の一つがこれ。

体癖矯正の重要性を説いていたので、「良いところ知りませんか?」と訊きたかった。

ダイエットの為に。いつも発達のことばかり考えている訳じゃない、30代♀です。)

 

各回で足から順に、膝、股関節、腰、背中&腕、首&肩と、

パーツごとのメンテナンスを学び、土台(基本の足)から整えていく。

 

凄く良かったので、勝手に宣伝 ↓

 

【黒田恵美子さんのケア・ウォーキング セミナー】

https://www.care-walking.org/

 

**2017年4月9日(日)から、19期スタート****

上記のHPで募集中。

月一、全6回。各回5300円。

単発でも参加可能。(6回まとめて申し込むと30000円に割引)

原宿か神宮前から徒歩5分くらい。

前半は座学&ストレッチ等で、理論と矯正の仕方を学ぶ。

後半は先生のチェックを受けながら、実際に代々木公園を歩く。

**計3時間。定員12名***************

 

 

〈特に良かったこと〉

・正しい姿勢が分かった。

 プロに修正してもらえるのが、一番のメリット。

 目指す方向、基準が分かる。

 背筋を伸ばして胸を開くのが正しい姿勢じゃない。

 自分で思うより、だいぶ前傾した位置が自然な立ち方だった。

 

・左半身の引きつりが取れた。

 疲れると、腰から眉間、頭、膝にかけて、

 神経が引きつる感じで痛みが出る。

 その原因は、背中の歪みだったことが判明。

 メンテナンスで調整できるようになった。

 

・膝下が細くなる。

 余計な負荷を掛けずに歩いたり、

 真っ直ぐ立ったりできるようになると、

 ふくらはぎの外側や前面の、変な筋肉の張りが無くなる。

 DVDエクササイズをする時に、軸足が歪む(太くなる)のを防げる。

 

・自分では分からないけど、顔が綺麗になったと言われた。

 旦那にはマヌケとしか言われないけど…。

 他の参加者の人を見ていて、5回目で印象が変わった人が何人かいた。

 顔がすっきりしている。むくみや強張りが無くなったのか、

 表情が自然で柔らかくて、肌もぴかぴかした印象。

 本人の元々の魅力や可愛らしさが、滞らずに発揮されて、凄く綺麗。

 オーラのような雰囲気も出た。

(主観です。セミナー以外にも、日常的な取り組みがあったんだと思う。)

 

・肩幅が狭くなるらしい!

 これはまだ、取り組み中。肩が上がる癖が抜けてない。期待!

(5、6回目の背中&腕、首&肩の回でメンテナンスを学べる。

 骨格の歪みは全身が関わっているので、1回目の足から順に、全部追うのがベスト)

 

6ヶ月間、月一で、朝3時4時に起きて、スニーカーやウェア(スカートなので着替える)を持参し、バスで3時間以上かけて都内に出て、原宿のスタジオへ。

静岡から来ている人も居た。

通っている間に、ニュースの健康コーナーや、ヘルス系の雑誌の取材が何度かあった。参加している人も、それぞれTVや雑誌を見て、都内に限らず関東近郊の各所から集まっている。

整体やヨガのインストラクターの方や、医師が論文を書く為に参加していることもあった。

セミナーのテーマは「100歳まで歩けるウォーキング」。

痛みを予防する歩き方のスクールは他にもあるけど、

痛くなった体を調整して歩く方法を教えられる先生は、

他にいなかったと、TV局の人が言っていたらしい。

 

個人的な考えですが、

確実な効果が欲しい時や、正しく効率的に身に付けたいものがある時は、

何処で習うかより、誰に習うか、任せられるかが肝です。

だから距離は関係なく、良いものがあれば、何処へでも行く。

(遠いと大変だけど)

ADHDの行動力!なのか?