カラフルなグレーの短編日記

野生のアスペが人間社会で生きたくなったら

去年まで忘れていたこと

10年くらい前(7、8年かも)の話。

 

横浜で伸び々々と営業をしていた時か、

都内の短期派遣でオフィスビルに紛れこんだ時期か、もっと前の何処かに居た時か。

20代半ばくらいに、アスペルガーの疑いを持ち、

10代の頃に通っていた精神科を訪ねた。


何年も経っているので、当時の担当の医師はいない。誰でもいい。

カルテがあれば、初診より楽。

診察とはいえ初対面の人と話すので、キリッとしよう。

メイクを直し、礼節を持って、堂々と入室。

そして、本題に入る。

アスペルガーだと思うのですが」キリッ。
医師の評価は「そんな自閉症はいない」だった。

自分を誇っていいのだろうか。プロも騙せた。

努力の賜物。患者には見えないらしい。

でも、この場で、それでは困る。

然るべき診断を受けて、治療する為に来たのだから。

そう食い下がって、投げやりな医師に、一応話しは聞いてもらった。
結論は、

もし診断が下りたとしても、ここでは治療というか、療育の手段は無く、

自閉症は病気では無いので、処方する薬も無い。

つまり、その病院で出来ることは無かった。

 

アスペルガー疑惑は、対応策が見付からないまま、

他の山積みの問題に埋もれて、去年まで放置されていた。

10年近く忘れていた。うっかり。

 

もう一つ。

10代の頃に統合失調症と診断されたのは

「違うかもね」と。

当時から、そう訴えていたのに。

(言葉は知らなかったけど)

その診断が全てですか? 二次障害だと思うのですが。

 

医師でも見極められないケースは、珍しくない。

否定するわけじゃない。 

そういうことも、あるということ。